知っていれば安心の薬のネット購入

便利になるのは良いことです

お年寄りや病気になった時

薬をネットで買う事ができるようになって、販売店側には販路が広がったり、新しいビジネススタイルを見つけることができたりと、多くの利点がありますね。
一方の購入者側も、自宅で買い物ができるというネットショッピングで一番のメリットを活用することができます。
寝たきりの人、高齢者、近くに病院や薬局がない過疎地域に住む人などにとっては、とても利用しやすいし助かります。
また、病気になった時など、外出して買い物ができない時にこそ必要なサービスです。
ほぼ全ての薬をネットで購入することができるように業界が働きかけたおかげで、私たちは安全に利用することができるようになったのです。
薬を正しく利用するためにあるルールですから、しっかりと守りましょう。

買えない薬も、あります

要指導医薬品、という薬をご存知でしょうか。
どうして要指導なのかというと、まだ市販されていない薬は、その安全性が証明されていない、という事になるからです。
市販薬は誰もが自由に購入でき、副作用や危険性がほぼない、という事は現在進行形で証明されていることになります。
一般販売が始まったばかりの薬は、まだその実績がないわけです。
市販することで、臨床的に安全を証明するには、ある程度時間が必要になりますから、許可が下りるまでネット販売は禁止されています。
また、いわゆる「劇薬」と呼ばれる薬も、ネットで購入することはできません。
これは、厚生労働大臣が指定する、用法容量を誤ると命に関わるような効き目の強い薬のことです。