知っていれば安心の薬のネット購入

ちゃんと考えられている

どうしてネットで買えるようになったのか

薬事法のためネットで購入できる薬は、これまで第三類医薬品のみとされてきました。
副作用などの影響が少ない、サプリメントなどの類ですね。
厚生労働省がネットでの薬の販売を第三類医薬品に限定していたのは、医薬品で健康被害が起こってはならない、という観点からでした。
用法や使用量を誤ることで、副作用などの別の問題が起こることを懸念していたわけです。
市販薬については、薬局の薬剤師に指導を受けることで購入できます。
この部分を解決するように、ネット販売についてのルールを変更したことが、法改正のきっかけになりました。
現在のように、第一類と第二類の薬がネットで購入できるようになったのは、2013年に薬事法が改正されてからです。
これによって、販売する側も購入する側も、恩恵を享受できるようになりました。

薬事法に基づいた仕組みになっている

ネットで薬を販売すること、特に第一種医薬品については誰でもできるわけではありません。
簡単に言ってしまえば、薬の販売の許可を受けていなければできません。
他にも、実店舗がなければいけないなど、細かく条件が決められていて、簡単に取り扱えなくなっています。
また、販売方法にも工夫がされています。
ネットで注文すると、購入途中または確定後に問診に答えるようにページ遷移されます。
この問診に答えなければ、購入することができません。
また、購入手続き終了後、必要があれば薬剤師がその購入が適切かどうかの確認をします。
大抵の販売サイトはこの仕組みを使っていて、この二つをクリアしなければ、ネットで購入することができません。
購入者が気を付けなくても良くなっているのです。