知っていれば安心の薬のネット購入

あまり知らない薬の安全確認

なんでもネットで買える時代

買えないものがないといってもいいくらい、今は何でもネットで買う事ができます。
家や出先でも、パソコンやスマホで簡単に購入、自宅や指定したところに届けてくれるのですから、便利ですよね。
ネットで買えるものが増えていく中で、薬が買えるようになったのは他の物よりも少し遅い時期でした。
というのも、薬事法(現在の薬機法)という法律がネックになっていたためです。
薬は本来、医師が指定する薬と量に従って薬剤師が調合し、患者さんに処方するものでした。
つまり、必ず専門家が関わっていなければ入手ができないものだったのです。
理由は、薬には副作用があり、その安全性を専門家が確認して服用しなければならないものだからです。
そうした理由から、薬は開発から販売まで、薬事法によって今でも厳しく制限がされています。

薬の基礎知識

それでは、ドラッグストアなどで購入できる薬はどうでしょうか。
風邪薬や鎮痛剤、胃薬など様々な薬が手に入りますね。
こうした薬は市販薬と呼ばれ、効果や副作用を一般的なレベルに落として、多くの人に適応できるように調合されているものです。
そして市販薬は第一類から第三類の三種類に分かれています。
副作用や飲み合わせなどのリスクによって分類されていて、第一類が一番気を付けるべきものです。
第一類医薬品は、もっとも効果が高いとされていますので、薬を必要としている人にしてみれば、効き目が強いほうが欲しいですよね。
購入するときは、薬剤師が正しく使用できるかを確認する必要があります。
市販薬の中で第一類医薬品は少ないですが、安全に使用してもらえるように、そうしたルールがあるのです。